2012年02月28日

点と線(2007年松本清張ドラマ)#1534

2007年 テレビ朝日

鳥飼刑事をビートたけしがやってる2時間半の前後編のスペシャルドラマ。たけしの博多弁はともかく、武映画での悪い刑事役が頭の中で定着してるので、なんとなく違和感がないわけではないものの、さすがの存在感だった。その役柄と言うより、その俳優さんの力って凄い!原作でどんな魅力的な主人公を作ろうとも、演じる人によって全然違ったりするものだ。

さて、ドラマの方も、宇津井健と初老の婦人が当時を振り返る設定で、第一話の終わりにはその二人の正体もわかるんだけど、最後がどうなるのか、ちゃんと先にリードされている。その分、なかなか真相が明らかにならない粘着した展開が続く。推理ドラマの真骨頂だ。飛行機も新幹線も一般的じゃない時代にどうやって北海道と福岡の距離を埋めるのか、ほぼ鳥飼刑事の直感を頼りに進んでいく。

犯人役の柳葉敏郎も憎々しい演出だ。最後に事件の背後にある巨悪が明らかになり・・・

たけしが犯人役してた千石イエスとかのドラマも見たくなったなあ。
posted by 映画のせかいマスター at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック