2006年10月15日

チャップリンの船乗り生活 #659

1915年 アメリカ 

保険金目当てに船を沈めようと言う船長の船に乗ってしまったチャップリンガ起こす大騒動。チャップリン映画の中でもドタバタが多い。キックにパンチ、なんだかやたらと乱暴だけどとにかく体を張ったギャグが続く。

後半定番の船の横揺れギャグとか船酔いギャグも勢いを増す。

短いけど短編なんでこんなもんで・・・^^;

posted by 映画のせかいマスター at 08:45| Comment(2) | TrackBack(1) | チャップリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
古い映画だけあって、
フィルムの編集が結構いい加減で、
そこに笑っちゃったりしていました。
短いけれど、長編映画でも多用される定番ギャグが
すでに生まれていたことがわかって、驚きました。
Posted by 奈緒子と次郎 at 2006年10月16日 08:48
>フィルムの編集が結構いい加減
はは、本当ですねえ。強引につなげてるけど、もっと長い話だったのかもしれませんね。TBしますねー。
Posted by 映画のせかいマスター at 2006年10月16日 16:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「チャップリン短編映画」
Excerpt: チャップリンは中長編映画しか見たことがなかったので、 BS2で放送された短編映画を楽しんで見ています。 ・「チャップリンの冒険」 THE ADVENTURER 1917年 初めてチャップリンの短編..
Weblog: まるっと映画話
Tracked: 2006-10-16 08:47