2012年03月21日

ハゲタカ #1543

2009年 日本 134分

NHKのドラマ版の続きに当たるんだけど、ちょうど世はリーマンショックのまっただ中。本編にも出てくるけどスタンリーブラザースを急遽台本に取り込んで、よりリアルな話になっている。
台本変えるかどうか悩んだらしいが、変えて正解。

しかし、このシリーズ、原作読んだけど、小説じゃよくわかんないんだよね。読む方(つまり私)の知識のなさが問題なんだろうけど。どの層をターゲットにするかでぜんぜん違うだろうし、簡単すぎても難しすぎてもダメだろうし。

その点映画では映像で訴えれていいですね。見る人によって感想もいろいろ違うだろうけど、私にとっては秀逸作でした。

posted by 映画のせかいマスター at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック