2006年10月24日

ザ・インターネット #667

サンドラ・ブロック主演。インターネットで仕事も私生活もすべてを行っていたキャリアウーマンが事件に巻き込まれ、自分のデータの全てを書き換えられてしまう怖いドラマ。ネット以外での知人は全て消されてしまい、派遣先には自分ではない自分が存在している。

ありえないとは思うものの、もしそういうことが起こったら、まず私なら逃れられないだろう。こうやって書いている間にも・・なんて思ったらゾーーッ!

で、自分の身の周りの人に去られ、孤立無援のまま、警察のデータは改竄されて前科3犯になったサンドラブロックがどうそのピンチを切り抜けていくのか、が見どころ。10年経っているが、古さはそんなに感じさせない。携帯電話はでっかいけど。インターネットリスク管理のために一度は見ておきたい映画ですね。ネット友達も大事ですけど、実際の友人知人も大事にしなくっちゃ(笑)

ときどきサービスカットがありますよ。ついでに続編も。

サンドラ・ブロックの映画

posted by 映画のせかいマスター at 06:08| Comment(2) | TrackBack(1) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1995年というと会社ではインターネットは普通に使っていて、家でもモデムでインタネットを使い始めた頃だと思います。
何せ、Widows95の発売ですから。

それまでは、NiftyやPC−VAN、その他草の根ネットでした。

時代を感じます。
それを考えると良くできた話です。
でも、ストーリーの細部は複雑ですね。
Posted by PANA at 2006年10月25日 01:51
PANAさんコメントありがとうございます。
そういえばそうですね。ISDNが導入されたぞーって言ってた頃が懐かしい。

そう思ってみると確かによくできた映画ですね。
トラックバックの記事、大変参考になりましたm(--)m
Posted by 映画のせかいマスター at 2006年10月25日 08:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ザ・インターネット
Excerpt: <font color="green"><b>1995年製作 米国 監督:アーウィン・ウィンクラー 出演;サンドラ・ブロック、ジェレミー・ノーザム、..
Weblog: PANAの言いたい放題
Tracked: 2006-10-25 01:42