2012年04月06日

留守宅の事件(松本清張ドラマ1996)#1550

1996年 日本テレビ 
松本清張TVドラマ
清張に珍しい、犯人にされそうになった男が、逃亡しながら真犯人を追うストーリー。いとこ美女が気になる中年男ってのが、いまいちピンとこない設定。清張ドラマによく出てくる古谷一行はいいとして、洞口依子きれいすぎ!当時は気づかなかったなあー。この二人がいとこ同士で、なにやら恋愛感情っぽいものがあって、それが事件に発展ってのがねえ。なにかと思ったら、清張の別の短編「箱根心中」の設定が組み合わせられたことによるらしい。妻役の余貴美子もまた素敵なんだけど、ラストで出ていかなくても・・。謎解き推理はなかなかだったが・・。

この頃の清張ドラマ、内藤剛志が○○なのが多いっす(笑)追記 2012.4.15

遅ればせながら原作読んだ。なるほど、この短編は主役不在だったようだ。女は死んでるし、古谷一行役は拘留されたまま。確かにこのままではドラマにしにくい。なぜ男が留守宅に向かったのか、ってのも曖昧だしね。
なるほどなるほど、と考えればなかなかいい仕上がりですねー。
posted by 映画のせかいマスター at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック