2012年05月06日

阪急電車 片道15分の奇跡 #1561

2011年 日本 119分

有川浩原作。何作か読んだけど、自衛隊ネタ多い女流作家さんです。この話に出てくるのもほとんどが女性。主に八人の登場人物が阪急電車の中で出会っていく。正確には片道15分ではなく、往路と復路、半年くらい後の話が復路だ。でも一気に詰め込むよりはるかに面白い出来栄え!それぞれいろんな人たちが電車の中で絡んでいくんで、一種のグランドホテル形式とも言えるかも。

電車の中で出会った人と心打ち解けていくっていう、心温まる話に、そんなことあるかよ、とかいいながら、感動してしまいましたよ。宮本信子が良かったなー。



posted by 映画のせかいマスター at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック