2012年05月08日

けものみち(松本清張ドラマ2006)#1562

2006年 テレビ朝日 全9話

米倉涼子主演の連続ドラマ。さすが、9話を引っ張るだけあって、登場人物がだんだんと死んでいったり、ラストに向けて盛り上がりMAXになっていく脚本は見事。

政治家も経済界も牛耳るフィクサーと、その周りでおこぼれに与ろうとする人たち、そしてその愛人である主人公と、どうやら主人公とフィクサーを相手に大立ち回りしようとしている謎の男、ここにガンが進行した刑事が絡み合う。

人間関係も誰が悪人で誰が正しいのか、最後までわからない仕組みになってる。主人公の行く末は、けものみちの出口なのか、そこを出て待っているのは、また別のけものみちなのか・・・?
posted by 映画のせかいマスター at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック