2012年05月10日

容疑者Xの献身 #1563

2008年 日本 128分 東野圭吾

TVシリーズは見てなかったんだけど、すんなり入れました。主人公の探偵のかつての親友を出すのは、ネタ切れ最終兵器に近い感じもしなくもないが、映画版のサービストラックだろうか。かつての友が犯人と探偵で対立するという、実際はなかなか無いだろうシチュエーション。二人ともキャラが濃く立ってて面白かったんは面白かった。数式の話はどうやって出したんだろう。

東野圭吾はこの作品で第134回直木賞を受賞。売れっ子作家になってから受賞するのは珍しいんじゃないかな。

posted by 映画のせかいマスター at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | や行映画(9)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック