2006年11月09日

Mrインクレディブル #674

2004年 アメリカ 115分

ヒーローが全盛だった時代、ミスターインクレディブルとエラスティックレディーは密かに結婚。しかしヒーローの破壊力から各地でヒーローに対する訴訟がおきてヒーローたちは失脚していく。

過去の栄光を忘れられないMrインクレディブルは保険会社に勤めていたが、つい力が入ると物を壊したり失敗を繰り返す。そんな彼の唯一の楽しみはかつての親友フロゾン(英語版の声は サミュエル・L・ジャクソン)と、警察無線を盗聴し事件の現場で人々を助けることだった。しかしそんな彼を狙う視線があったことに気づく由もない・・・。

・・・

テーマは家族愛。こっそりヒーローに戻るお父さんを追いかけてやってくるお母さん。2人の子供たちもこっそり付いてくる。最初は足手まといかと思われていた子供たちもだんだんとヒーローとしての素質を発揮して・・・。

うちと家族構成が似ているので、面白かった。おとなしめの上の子とやんちゃな下の子。で優しいパパと怖いママ(笑)!子どもたちもだんだんとそれぞれの力を発揮するようになるんだろうなあ。変に捻りもなく、ストレート直球勝負でよかったです。で、家族愛と言いながら、フロゾンは妻を置いて家族よりヒーローだ!と出てくる(笑)ヒーロー志願の悪役や、マントのエピソードもちゃんと繋がってて笑えました。


確かファインディングニモを見に行った際にこの映画の予告編やってたんだけど、ヒーローの服が太って入らずに四苦八苦したシーンがあったんだけど、本編ではそんなシーンなかった。予告用のフィルムだったんですね。

posted by 映画のせかいマスター at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック