2012年06月08日

影の車(松本清張ドラマ2001) #1579

2001年 TBS

バスで偶然再会し、恋の炎が燃え上がった2人だったが、相手の6歳の子どもが気にかかる。実は自らの子供の頃の体験と重ね合わせていた。

小学生が自分を殺そうとしている・・実際そう感じることがあるだろうか?やはり妄想なのか?じりじりと追い詰められていく感じが、この話の面白い点。主人公の風間杜夫は、狂った感じがあまりしないエリートっぽいところが残念、原田美枝子もまた悪を感じさせないし、子役も普通っぽかったかなー。サスペンス的にはちょっと?
posted by 映画のせかいマスター at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック