2006年11月14日

八つ墓村 #677

1996年 日本 127分

この話が人気なのはやっぱり原作の良さだと思う。と書くといかにも原作のファンのような感じだが、すみません読んでません(笑)実際に起きた事件である「津山30人殺し事件」のエピソードを交えつつ、家と洞窟が繋がっているというロマン?を踏まえて、さらに複雑な人間関係も健在な話です。

双子のおばあさんもは岸田今日子。たしかTVドラマでもやってたような・・。1977年版と同じような日本家屋だったけど、おんなじ家でロケしたのかな。たたりじゃぁ〜のお婆さんはどんどん気持ち悪くなってる。

豊川悦二金田一はなかったことになったのかな。フケの量は増えてるぞ。声が高すぎてイメージが違うし、トヨエツもこの役似合っていないような気がする。逆に浅野ゆう子のあの役は似合っていたかも・・。男闘呼組の彼は主役には合わないね。その点、加藤武警部、早めの登場。ぜんぜん変わってないですねこの人!お薬ブハッも健在でした。


posted by 映画のせかいマスター at 07:13| Comment(3) | TrackBack(2) | や行映画(9)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
当然のごとく、やってまいりましたが、この作品、印象があまり残ってないんです。
みてるんですよ。市川金田一ですから。3,4回。どーしても双子の岸田今日子しか思い出せません!
再度、見直したいと思います。

>豊川悦二金田一はなかったことになったのかな。
そんな感じですね。

「津山30人殺し」をTBさせていただきます。
では。
Posted by イエローストーン at 2006年11月14日 17:48
イエローストーン さん、お待ちしてました^^
双子の岸田今日子は妙にインパクトがあるのですが、ドラマにも出てたんでしたっけ?

津山30人殺しは、島田荘司の小説ではじめて知りました。いろんな人がこれにまつわる話を書いていますが、八つ墓村はやはり名作ですね。
Posted by 映画のせかいマスター at 2006年11月15日 07:33
ドラマはどうでしたっけ?
吾郎ちゃんのですかね。あれは途中からハチャメチャの印象が・・・
一応、DVDに残してあるのですが、よほど気がむかないとみないかも、です。
Posted by イエローストーン at 2006年11月15日 18:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

津山30人殺し
Excerpt: 昭和十三年五月二十一日、午前一時頃、都井睦夫は同居の祖母が目を覚まさぬよう足音を忍ばせ屋根裏部屋へ上がった。彼は、黒詰め襟の学生服に、軍事訓練用のゲートルを両足に巻き、地下足袋に足を通した。頭には手拭..
Weblog: 取手物語??取手より愛をこめて
Tracked: 2006-11-14 17:49

あいみの調教日記
Excerpt: ようこそ、変態ドMなブログへ。私は中学1年生の頃から毎日オナニーをしている真性の変態女です
Weblog: あいみ
Tracked: 2006-11-14 21:31