2012年07月04日

愛のメモリー #1595

1976年 アメリカ 98分 ブライアン・デ・パルマ

題名を見ればメロドラマふう。しかし、中身はサスペンス、でも終わってみればメロドラマにも見えなくない・・。ヒッチコックのめまい #1431っぽい設定で、公開当時はヒッチコックを意識した売り方だったようだ。初期のパルマ作品は、どれもそれっぽい雰囲気は漂わせているが、ヒッチコックっぽいかと聞かれると、うーんどうなんだろう。

誘拐されて殺されたと思っていた娘が生きていて、妻に生き写しだと、婚約する。しかしその誘拐は実は仕組まれていたもので、娘との婚約も裏で・・・。

と、ここまで書いちゃうとネタバレなんだろうけど、多分知ってて見ても問題ないと思うんで書きました〜。パルマ・サスペンスの代表作の一つです。

posted by 映画のせかいマスター at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック