2012年07月09日

共犯者(松本清張ドラマ2006)#1599

2006年 日本テレビ

清張得意の、完全犯罪がなんなかのきっかけでバレちゃうネタ。二人の強盗事件に端を発し、別れた二人が、過去に振り回されて・・・。

原作を現代風にアレンジ。主人公も男性から女性にすべて変更、賀来千香子はIT社長になって大金持ちに、もう一人のとよた真帆は、どうやら詐欺に遭って幸福にはなってないようだ。成功者の主人公がもう一人の共犯者の影を気にするあまり、興信所に行方捜査を依頼する。脅しの連絡が入るようになり、だんだんとその女の幻覚を見るようになってしまう。

原作では探偵事務所ではなく、広告を出して個人を雇っている。どのみちこの存在がカギを握るのだが、ドラマ版では室井滋と小橋賢児の探偵ぶりが一服の清涼剤となってる。原作を見てないとそのままサブキャラで終わるかと思えてなかなかの存在であるが・・・

細川茂樹の役どころは要らなったかな。



posted by 映画のせかいマスター at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック