2012年08月20日

ラブレター #1635

1981年 日本 83分

にっかつロマンポルノ10周年記念エロス大作。高橋恵子(当時は関根恵子)が、愛人役を文字通り体を張って主演。中村嘉葎雄、加賀まりこ、仲谷昇ら有名キャストの出演もあって大ヒットしたらしい。高橋恵子はどう見てもポルノにでそうな感じではないんだけど、15歳の映画デビューからずっとヌードのある役をやってる。ご主人は映画監督の高橋伴明で、自殺未遂騒動を起こしたり、当時としては脱げる有名人で、いろいろ苦労もあったんだと思う。今みたいにAV女優が何万人もいる時代とは大違い。

愛人という存在が当時どのように捉えられていたんかはリアルには知らない年代なので書けないが、映画の中の愛人は可愛かった!



posted by 映画のせかいマスター at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ら行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック