2012年08月20日

暗室 #1636

1983年 日本 122分

吉行淳之介原作の日活創立70周年記念のにっかつロマンポルノ。どことなく文学の香りがします。著者本人と思われる?中年作家の奔放な愛の暮らしを描く。

何人かの女優さんとの絡みのシーンがあるんだけど、風祭ゆきも綺麗だけど、特にキレイだったのが芦川よしみ。レズなのに主人公と関係を持っちゃって妊娠する役。最後は成田空港で堕ろせと頼む男に、生むと言って海外へ。なんかかっこいい。

まあ、やってることは無茶苦茶なんだけど、渡辺淳一の作品にもあるようになんか文学的である。にっかつロマンポルノは、絡みだけのエロ映画っぽいのもあれば、ときどきこういう作品もあってバラエティに富んでいる。
日活がこの路線に入ってったのも時代の要求なら、衰退し消えていったのも時代の変化。現代みたいにネットでなんでも見放題、っていう時代には合わないかもしれないが、まだまだコンテンツとしては貴重なフィルムも多い。

ところで、古い吉行淳之介原作の映画はグルグル回るアニメーションみたいなのが出てくるんだけど、なんで?




posted by 映画のせかいマスター at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック