2006年12月06日

ALWAYS 三丁目の夕日 #695

2005年 日本 133分

昭和30年代の東京が見事に再現されていてびっくり。車とか今もあったのかな?車に乗って東京の街を走るシーンは、こんなところまでセット作っていいのかな、と変なところでドキドキしてしまった。建設中の東京タワーもVFXなんだろうけど本物っぽくてよかったです。中盤は下町のセットに落ち着いたけど、序盤での風景と次々出てくるビッグなキャストに度肝を抜かれた。

話は、捨て子を押し付けられた落ち目の小説家、茶川竜之介(吉岡秀隆)と、自動車修理の小さな工場主(堤真一)の元に青森から就職した六子(堀北真希)の2本立てで進む。捨て子というと現代で考えれば大変な感じだが、たぶん当時はそんなに珍しくなかったんじゃないかと思う。その捨て子の子が小説家の大ファンときてて、冴えない小説化もだんだんと愛着がわいていき・・・。

街の様子はなんだか懐かしい。タバコ屋のおばちゃんは言わば町内のアンテナ。町内の事件はみんなが知ってるし、古きよき時代でした。もう続編が決まってるそうです。


posted by 映画のせかいマスター at 06:56| Comment(4) | TrackBack(2) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

この作品、よかったですね。
感動とまではいきませんでしたが、ホロリとさせられ、非常にほのぼのとした気持ちになる癒される作品でした。

ラストの夕陽のシーンと子供のセリフもよかったです。
では。
Posted by イエローストーン at 2006年12月06日 21:28
イエローストーンさん、コメントありがとうございました。画質や風景からもそう感じるんでしょうが、古きよき時代をうまく表していましたね。TV放送の分を見たのですが、面白かったです。
Posted by 映画のせかいマスター at 2006年12月07日 08:17
リアルな風景がCGで再現されてしまうのがすごかったですね〜。
人々が温かかったです。
Posted by 奈緒子 at 2007年04月24日 17:00
どうも!
どこまでがCGでどこまでが実写なのかさっぱりわかりませんでしたが、とにかく美しい風景でしたねー。一度戻って見てみたい^^
Posted by 映画のせかいマスター at 2007年04月25日 06:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

50年後も綺麗な夕陽・・・「ALWAYS 三丁目の夕日」
Excerpt: 昭和33年、東京の下町。
Weblog: 取手物語??取手より愛をこめて
Tracked: 2006-12-06 21:29

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 淳之介のパートは泣けたね~。 よかった(*^_^*) CGはすごくて、自然と 昭和30年代の雰囲気がすごく伝わってきました。 ちょうど私の両親が淳之介くんくらいの頃です。 隣の人の家との距離がすご..
Weblog: まるっと映画話
Tracked: 2007-04-24 16:57