2012年09月07日

今度は愛妻家 #1651

2010年 日本 131分 薬師丸ひろ子

登場人物が少なく、場面もほとんど家の中なので、舞台っぽいと思っていたら、やっぱり先に戯曲がありきの映画化だった。
かつての大物写真家、今はスランプでなにもしない豊川悦司とその妻薬師丸ひろ子は、喧嘩ばかりで離婚間近っぽい。そこへ女優志願の水商売の女水川あさみが写真を撮りにやってくるが、弟子の濱田岳に任せて自分は遊びに行く。写真家の家には家政婦並みに手伝いに来る謎のオカマのおじさん石橋蓮司もいて、その5人が実は複雑に絡み合っている。

これ、ストーリー書くと、見てない人は楽しみがなくなるんで、最近はネタバレも書いてるんだけど、この作品だけは書きますまい。ずっとコメディと思っていたら、途中から一変しますよ。乞うご期待!

posted by 映画のせかいマスター at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック