2012年09月08日

難波金融伝ミナミの帝王「トイチの萬田銀次郎」#1655

1992年

Vシネマでの第一作目。銀次郎が、貸した相手に怒鳴られて帰ってきたり、金主に詫びをいれに言ったり、原作でもそんなネタあったっけ?と思うような部分も。一作目なんで、少し人間らしいというか、弱みもみせてるのだろうか。竹内力も若くて、弟子入りした柳沢慎吾と並んでいたら互角に見える。まだキャラが固まってないレアな作品だ。

金主として銀次郎の指南役で登場した横山やすしは、超似合ってる。死ぬ何年か前かな。歯はボロボロだけど、髪型がきっちり。他人の土地を担保に金を借り逃げする技で、貸した金を取り返す。

posted by 映画のせかいマスター at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック