2012年09月11日

難波金融伝ミナミの帝王24「海に浮く札束」#1661

2003年 ミナミの帝王

 オープニングはカード破産を仕掛ける舎弟の山本太郎からスタート。凶悪度を増してます(笑)今回のテーマは関西国際空港の建設に関わる利権の話。リアルタイムで迫ります。入札とかなんのことかわかんないけど、安ければ良いというわけではないらしい。談合とか入札詐欺とか、いろいろあるみたいで、そこんとこに銀次郎が斬りこむ。

 それと、海を埋め立てるんで、業業に影響があるって言うんで、漁港に保証金渡して、町が潤ったかといえば、あぶく銭でみんなヤクザとギャンブルして使っちゃって、何も残らない。漁師も大漁で大金持ちばっかりと思ってたら、いろいろ大変だ。狭い日本で、資源なくなったらどーなるんだろうね。自然破壊怖いわー。


posted by 映画のせかいマスター at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック