2012年09月17日

難波金融伝ミナミの帝王2「計画倒産」#1673

1992年 ミナミの帝王

第2作目、沢木組組長のゆうき哲也(元チャンバラトリオ)登場!この先ずっと出ずっぱり、プロデューサーも兼ねる。お笑いより似合っている!?Wikiによれば、チャンバラトリオを辞めたのもマルボウとの交際が・・ってことだったんで・・・。組員役の天田益男は声優でも活躍。本作では竜一ともめたり、関係が微妙だがだんだんと協力関係になっていく。

1作目に続き柳沢慎吾が竜一役で登場。原作マンガではずっと竜一だけど、映画シリーズでは役者が変わる度に役名も変わる。今回は歯科助手兼ホステスの女に入れあげて、女の借金を銀次郎に借りて返済する。予想通り女は他の男とできてて、姿を消すが、竹井みどりに慰められる。銀次郎が舎弟に気を使う珍しいシーンも。たしかこれ原作通りだったような?

タイトルの計画倒産は、女社長が倒産させて全く同じ会社を作るところから。銀次郎はなりすまして実印を作ることで、返却を仕掛ける。それでも逃げる女を、金貸しは顔で貸している、一度でも逃げられてはいけないと和歌山に追い込みに。

2作目にしてその後のシリーズの流れをしっかり作っている。

posted by 映画のせかいマスター at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック