2012年09月18日

バッテリー #1675

2007年 日本 119分 滝田洋二郎監督

原作の1−4を映画化。林遣都君、野球上手いね。全然野球できない役者を捕まえてきて、映像で誤魔化してる映画もたくさんあるけど、実際に出てくる人みんな野球経験ありそうでリアルだった。あのスピードはさすがにいじくってそうだけど。

スポ根野球、私の泣けるツボなんだけど、キャッチャー役のジャニーズJrの高田翔君の田舎風のキャラがいろんな場面で泣けてきそうになった。萩原聖人の悪役センセイも板についてて、いいテンポで進んだ。菅原文太のかつての鬼監督や岸谷五朗&天海祐希の夫婦役とか、子どもの頃の話って、みんな何度も戻って考えることができて貴重な体験だよね。永遠にこの手の映画はなくならないと思う

posted by 映画のせかいマスター at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック