2012年09月21日

難波金融伝ミナミの帝王19「闇の裁き」#1678

2002年 ミナミの帝王

2000年代後半には消費者金融の締め付けが厳しくなって大手武富士も倒産する、その前兆みたいなサラ金に弁護士が楯突く役で増田恵子登場!銀次郎最大のライバル・・のはずなんだけど、萬田金融には直接は絡まない、今までどおり貸した客(佐藤蛾次郎)を通して、民法第3百なんとか条をめぐって争う。蛾次郎さんは成人映画の映画館主。DVDやネットでポルノを見る時代に、そういうのが見れないお年寄りもいるからと、半ば趣味でやってる。映画館では採算は取れないが、持ちビルがあってそっちの賃貸料でやっている。

で、映画館の土地を狙う悪徳不動産(オール巨人!似合ってるw)が、ビルの賃貸会社をわざと倒産させて両方を手にしようとする。盗られてたまるかとばかりに、銀次郎が映画館主を破産させて・・・。

ブランドショップを百円ショップに変えさせて、安いものしか売れない、という台詞があったけど10年前と今もあまり変わってないような・・。その裏でブランドはブランドでやっぱり売れてるんだけどね。

銀次郎チームは山本太郎と川島なお美。川島なお美は出てくるシーン全て衣装を変えて登場。
posted by 映画のせかいマスター at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック