2012年10月02日

裁判長!ここは懲役4年でどうすか #1689

2010年 日本 95分

原作は北尾トロのエッセイ集。ドラマ化もされている。原作は取材したことをおもしろおかしく書かれてるんだけど、映画だとストーリー性がないといけないんで、バナナマンの設楽を主演に、美人の検事に片瀬那奈。他人の不幸を眺めてて楽しいの!?とか恫喝されたり、それを傍聴者の仲間に慰められたり、最後に1%しかないとされる逆転無罪の判決を期待して盛りあげて行ったりといった脚色がされている。主人公は売れない脚本家で、謎の美女鈴木砂羽に裁判の映画を作りたいと頼まれる。以前作った超B級裁判映画があとでうまく使われている。

もちろん原作通り傍聴者視線なんで、大きく外すことはなく、うまいこと作ってある。スピンオフに日村が主演の「裁判長!トイレ行っていいですか」ていうミニドラマもあります。

posted by 映画のせかいマスター at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック