2012年10月29日

ヒミズ #1711

2012年 日本 130分

古谷実の漫画を園子温監督が震災後の日本に大きく設定を代えて映画化。大人の中に暮らす中学生が逆に引き立って見えた。出演した染谷将太と二階堂ふみは第68回ヴェネツィア国際映画祭にて新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞したのも、それで、かな?

冷たい熱帯魚の出演メンバーや、大物キャストもチョイ役で出演。

家族が崩壊してて、ついには父親を殺してしまう中学生が主人公であることは同じなのだが、震災後のどうやって生きていくかという現場では、その意味合いも違ってくる。10年後の評価も気になるところだ。

さて、原作漫画でも読もう。

posted by 映画のせかいマスター at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック