2012年11月02日

ばかもの #1715

2010年 日本 120分

年上の奔放な女が酒の飲めない大学生を誘惑し、男は酒と女に溺れる。別れは唐突にやってきて、その後男は普通の幸せな生活を取り戻す・・ように見えたが、、、。

男女を入れ替えたら、なんてひどい男!ってなるんだろうけど、やっぱりこの女もひどい女だ。でも、若い時の過ちって、あちこちにあるだろうし、その後どうなったかなんて、気にもしないまま一生終わったりすることも多々あるんじゃないかな。

この映画の女も自分が事故に遭わなけりゃ、そのままかつての男がアルコール依存になってることも知らずに生きていたんじゃなかろうか。10年経って、お互い変わった姿で再会し、そこからまた始まるストーリーは、前半と好対照。

それともう一人。主人公の女友達。彼女もまた何かに溺れるかのように宗教にのめり込んで行く。

その後何があるか、誰にもわからないことではある。最近会わなくなった誰か、今はもしかして・・とか思ってしまった。普通に生活してるのが幸せってわけでもないんだけどね。

かなり主観的な感想で終わってしまったけど、内田有紀、アイドル時代から可愛かったけど、今回はベッドシーンもあって大人の魅力たっぷりでした。


posted by 映画のせかいマスター at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック