2012年11月18日

ミッション・トゥ・マーズ #1729

2000年 アメリカ 114分

デ・パルマ監督のSF映画。これがなんたる期待はずれ。なにがしたかったのかサッパリわかんない。オチがどうのこうのというよりも、最初の展開からナニコレ的な。最初に火星に向かうのも場面転換していきなり数年後に火星についたところに変わっちゃうし、あとを追いかけて行く人たちもなにか緊張感がないし、リアリティが・・・で、最後の火星人(~_~;) 映画の中で宇宙人だしたら外しますよねー
うーん。パルマ監督の映画、先にこれ見てたら他の見てなかったな(笑


posted by 映画のせかいマスター at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック