2012年12月10日

007スカイフォール #1742

2012年 アメリカ 143分 007シリーズ劇場で見た映画

シリーズ第23作めにして50周年記念作。監督もキャストも代わりながら50年も続く映画のシリーズは他にはないだろう。それだけ全世界が注目して愛されている映画なわけで、最新作を作るにはかなりのプレッシャーと喜びがあるものと思う。

今回も初っ端から列車の上でのアクション。オクトパシーへのオマージュかな。トルコでの街中をバイクで滑走するシーンから飛ばしまくる。ボンドを援護するためイヴが放った弾丸が当たったのはなんとボンド。ボンドは死んだと発表される。

その後も上海、香港と世界中を回りながら、今回の敵と遭遇!ノーカントリーの主役だったハビエル・バルデムはさすがの存在感。過去の事件でMに恨みを持っているようだ。一度は捉えられるが、モノスゴイ手段で脱出、Mを追い詰める。地下鉄が突入してくるシーンはたまげた!

ラストのスカイフォールでの攻防はホームアローンっぽくてちょっと笑った。Qも若返ったし、新シリーズから続くMのネタも一段落、そして新登場したとある人物(上映中なんで伏せておきます)も加わり、まだまだこのキャストで続いて欲しいクレイグ・ボンドシリーズである。



posted by 映画のせかいマスター at 08:38| Comment(0) | TrackBack(1) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『007 スカイフォール』お薦め映画
Excerpt: ★★★★ ボンドも組織の一員であるので、今回はまるで世の中年男性のように辛い立場に立たされるが、いつも通り世界を股にかけ大活躍。大がかりなアクションシーンも堪能できる。時代や政局、犯罪形態がどう変わろ..
Weblog: 作曲♪心をこめて作曲します♪
Tracked: 2012-12-12 22:57