2012年12月19日

名探偵コナン 天国へのカウントダウン #1749

2001年 日本 100分

劇場版5作目。西多摩市に超豪華ツインタワービル(もちろん架空、田舎者の私は本当にあると思っちゃった)を舞台に連続殺人を解決する。ツインタワーがラストを盛り上げる。もちろんそこに行き着くまでの伏線もバッチリ。30秒カウントとか、毛利小五郎が当てた車とか。

やたら大人っぽい小学生(灰原哀)が出てきたり、コナンを巡って恋愛争いが勃発したり、本当に小学生?^^;シリーズをあまり見ていないので、人間関係がわからなかったりするのだが(悪の組織は何者だ?)、それでも面白かった。謎解き云々は、そうでもないのだが、毎回毎回場面設定がすばらしい。
posted by 映画のせかいマスター at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック