2005年04月22日

黄金狂時代 #304

1925年 アメリカ 69分 チャップリン映画

どんな映画だったっけ?と聞かれると、ほら、チャップリンが靴を食べるやつだよ、と答えてしまうアラスカの山小屋のコントっぽい話が印象的な作品。実際には山小屋→街へ降りる。美女と知り合う→また山小屋へ→金鉱を見つけて大金持ちに→美女と再会しハッピーエンド。。という展開なのだが、前半の山小屋の中と後半の崖で傾く山小屋のやりとりが面白すぎて、そこだけが記憶に残っていた。でも今回、改めて観てみると全編を通じてそもそもがかなりの手の込んだ製作で、撮影したフィルムもかなりの量らしく、完璧主義のチャップリンの拘りが見えてくる。どこをとっても面白い、無駄な部分の少ない完成度の高い映画になっている。

チャップリンの映画の魅力は、昨今のハリウッド映画のようにこれでもかこれでもかとばかりに、極端に強調したり、おおごとになってしまったりしないこと。ストーリーのみを追うだけだったら、そりゃ、起承転結七転八倒の方が面白いだろうが、一人の風来坊がてくてく歩いていく、基本的にはただそれだけ、騒動は起こるけど明日もまた同じ毎日・・・というのもなんとなく日常に近くて良い。

ちなみに本作、チャップリンがナレーターを務めてる方を観たのだけど、ナレーション無し版もあるようだ。ラストがちょっと違うらしいが。。

黄金狂時代 コレクターズ・エディション
posted by 映画のせかいマスター at 06:29| Comment(2) | TrackBack(4) | チャップリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は、前に、サイレントを見て、
今回、ナレーション入りを見ました。
私はサイレントの方がよかったです。
説明なんてなくても充分笑えるし。

それにサイレント映画って、
見ながら、自分で適当にセリフを考えて、
それが映像とピッタリあうと嬉しかったりするんですよ。
そういう楽しみができなかったのが
ナレーション入りの最大の欠点かも…。
Posted by 奈緒子と次郎 at 2006年07月25日 11:10
サイレントの方は見てないんです〜。今回もナレーション入りのほうでしたね。まさかこのままお蔵入り?両方を比較して楽しめるって良いですね^^
Posted by 映画のせかいマスター at 2006年07月26日 06:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

黄金狂時代/給料日
Excerpt: 評価 ★★★★★ あの有名なシーン、靴を食べたのは衝撃的でした。 最初に見た時は、煮たら何でも食べられるのねと思ってしまった。 しかも美味しそうにたべてましたねー。 ちな
Weblog: 羅夢の映画放浪記
Tracked: 2005-12-10 00:23

チャップリンの黄金狂時代
Excerpt: 以前見たのは、古いオリジナルバージョンだったみたいで、 今回は、BS2で放送されていた、 1942年にチャップリンがナレーションを付けたトーキー版です。 正直、ナレーションがすっごくうっとうしいです..
Weblog: まるっと映画話
Tracked: 2006-07-25 11:07

黄金狂時代
Excerpt: (1925/チャールズ・チャップリン監督・製作・脚本・音楽/チャールズ・チャップリン、ジョージア・ヘイル、マック・スウェイン、トム・マーレイ、ヘンリー・バーグマン/72分)  一般的には「チャップリ..
Weblog: ::: SCREEN :::
Tracked: 2006-07-30 17:22

「黄金狂時代 The Gold Rush」
Excerpt: 黄金狂時代 うちの親がチャップリン好きで、映画もビデオにダビングしていたので たぶん、僕も以前見たことがあると思う。 なんとなく覚えているシーンが多々あるので、そうなんだろう。 だけど、テレビであ..
Weblog: 枯れないように水をやろう
Tracked: 2006-08-09 23:28