2013年01月16日

危険な斜面(松本清張ドラマ2000)#1761

ドラマ化は2012年の作品で8回目だが、原作も映像も見たことがなく、ついつい最近見たばかりの2012年と比べてしまった。12年分オシャレな作りになっていたわけだとつくづく思うのだが、この2000年版でも携帯電話は当たり前に登場し、そんなに古くはないはずなんだけど、古く感じてしまった。

出てくる俳優さんたちも、ちょっと前っぽさを感じてしまう。田中美佐子は謎の女っぽさに足らず、不倫にのめり込む不器用な女に見える。風間杜夫もかつては松本清張ドラマの常連だっただけに、やや色褪せ感もある。袴田吉彦が若手だった頃かな?驚くのはそれ以外のキャストがほとんど知らない人ばかり。あ、大滝秀治がいた。最初しか出なかったけど。うーん、これも時代の流れで仕方ないことかな。
posted by 映画のせかいマスター at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック