2013年01月30日

狂った果実 #1773

1981年 日本 80分

根岸吉太郎監督のにっかつロマンポルノ。アリスの狂った果実から着想を得たそうで、なかなかの力作だ。主人公が、見た目もキャラも普通っぽくって、もっとギラギラした感じのほうがいいんじゃないかと思って見てたけど、ラストでの逆転のギャップがいいんだろうね、これは。

社会の底辺、っていつ頃から言われてた言葉なのかわかんないけど、昼はガソリンスタンド、夜は本番もありのあやしいバーで働く男が、暇を持て余した女に合い、どこかでひかれあうのだが、交わること無く、最後は破滅していく。破滅の仕方が、どこででも起こりそうで、リアルで、それでいて切なくて良かった!

ポルノ部分の担当は意外なことに永島暎子。こんな使い捨てのような!?役やってたなんて。

posted by 映画のせかいマスター at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック