2005年04月27日

グラディエーター #309

2000年 アメリカ 155分

時は西暦180年の古代ローマ。題名であるグラディエーターとは、コロシアムで人間同士の戦い(殺し合い)をする剣闘士のことだ。大観衆に見守られ、と言えば聞こえはいいが、要するに大衆への見世物である。

 冒頭の大合戦シーンは、兜が甲冑に変わった黒澤明監督の「乱」のよう。活躍するマキシマス将軍(ラッセル・クロウ)が、喝采を浴びながらもその後グラディエーターへ身を投じることになるのだが、そこにも黒澤映画張りの欲望、嫉妬、そして復讐の網が張り巡らされているのである。

 マキシマス将軍が復讐を誓うのはアウレリウス帝の息子のコモドゥス(ホアキン・フェニックス)時期皇帝の座を奪われそうになり、父親を殺しマキシマス将軍の妻子まで殺してしまう悪役ぶり。ホアキン・フェニックスは故リバー・フェニックスの弟だそうだが、この映画を見る限りあんまり似てないという印象。もちろん熱演あってのものだろう、強烈な印象を残します。

 第73回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞など5部門受賞。できれば大画面で見たい!

グラディエーター
posted by 映画のせかいマスター at 06:16| Comment(4) | TrackBack(3) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ移転おめでとうございます(?)

この映画はいいですよねぇ。ホアキンは見る度、「ほんと兄貴に似てないな、可哀想に…(笑)」と思ってしまいます。でもこの作品ではアカデミー賞にもノミネートされたし、ここのところ主演クラスの俳優に成長したので、今後の活躍に期待したいです。
ちなみにフェニックス兄弟には、さらに下にサマー・フェニックスという妹がいるのですが、彼女もまたリバーにはまったく似ていず、ホアキンに似て濃い顔です。異母(父)兄弟なんじゃないかと思わず疑ってしまいます(笑)
Posted by keicyuke at 2005年04月28日 03:07
keicyukeさん、コメントありがとうございます。
書きにくかったことをズバっと言っていただき爽快っす(笑)でももしかしたら、リバー・Fもそのまま30過ぎてたら濃くなっていたかも???
では〜!
Posted by 映画のせかいマスター at 2005年04月28日 08:13
>ホアキン・フェニックスは故リバー・フェニックスの弟

そうなんですか〜???
知らなかった…。似てないですね(*_*)
Posted by 奈緒子と次郎 at 2006年07月03日 09:01
ども!リバー・フェニックス生きてたらあんな感じだったんでしょうね。ちょっと早いご逝去でしたね。
Posted by 映画のせかいマスター at 2006年07月04日 07:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

■グラディエーター
Excerpt:  西暦180年、大ローマ帝国。皇帝マルクス・アウレリウス(リチャード・ハリス)は、将軍マキシマス(ラッセル・クロウ)に全幅の信頼を置き、次期皇帝の地位を約束する。だがそれを知ったアウレリウスの息子..
Weblog: ルーピーQの活動日記
Tracked: 2005-04-28 12:12

グラディエーター
Excerpt: かっこいい!洋画の中では私の中で最高の映画の1つです。 まず、ストーリーの展開が、わかりやすくて安心して見れるのに、ハラハラさせられる。 それでいて最後は、復讐を遂げた満足感もあり、死んでしまった悲..
Weblog: まるっと映画話
Tracked: 2006-07-03 08:59

グラディエーター (2000年)
Excerpt: 【コメント】★★★★★★★★☆☆ 大ざっぱに言えば、権力闘争に敗れたものが、ど...
Weblog: シネマテーク
Tracked: 2007-05-24 10:38