2007年02月11日

ドッジボール #761

2004年 アメリカ 93分

ベン・スティーラー製作主演のコメディ。うらぶれたスポーツジムの隣に今風のジムができて立ち退きをかけてドッジボール大会で一発逆転を狙う。いわゆるスポーツ映画にも見えなくは無いけど、コテコテコメディだ。スポ根っぽい特訓シーンもあるが、本戦が始まってもメンバーはいまいち頼りないままで、何故だかわからないけど勝ち進む。ドッジボールのルールってこんなんでよかったのかな、と詳しいところは知らないが、ギリギリで相手の反則とかジャッジの妙で勝ち進む。スポ根で実力つけて真っ向対決!・・じゃないところがコメディチックで面白い。複数のボールを使うのは正式ルールなのかな?小学校でやってた時は違った記憶があるけど。

ベン・スティーラーは買収を企む敵側のボス。悪役も似合います
posted by 映画のせかいマスター at 08:07| Comment(0) | TrackBack(1) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ボールへの思い
Excerpt: 小さな手でも持ちやすい!●直径:15cm●重量:150g●ゴム製●カラー:黄クロスハッチという鳥の足跡型の滑り止め加工を施してありますので、小さな手でも持ちやすいのが特長です優れた空気保有率のあるブチ..
Weblog: ドッジボールのレス
Tracked: 2007-08-12 23:09