2007年03月08日

私をスキーに連れてって #785

1987年 日本 ホイチョイ・プロダクション映画

これ、流行しましたねえ。当時の日本映画の転換点となる、とか一時代を築いた作品、とか言っても誉めすぎではないんじゃないかと思うくらいです。ホットな気分になれる映画です。

スキー場って異性が輝いて見える場所ですよねえ。帰ってきて会ったらなんだがっかり、みたいな(笑)でもこの映画の人たちはみんなステキ!原田知代&貴和子姉妹や鳥越マリ、男性人は三上博史に布施博そして死んじゃったけどヒロくん。時代を感じさせますが、みんなあまり変わってないのが良いですね〜原田知代なんて今でもカワイイ!薬師●さん(伏せ字になってない^^;)に比べると永遠の美少女って感じです。

で、本人たちがスキーしてるのも凄くって、ユーミンの歌に乗せてスキーの楽しさを満喫できますし、歌一曲の間に男女が急接近する様子を描くってところが良いです。最後は事件に次ぐ事件。まあ、結末はなんとなく読めるんでドキドキはしませんけど、楽しく見れました。


posted by 映画のせかいマスター at 05:37| Comment(2) | TrackBack(0) | わ行映画(4)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
そう、これ流行ましたね。
ちょうど私が二十歳くらいの時ですかね〜。学校さぼって何回も見た記憶があります。有楽町のマリオンで。
当時はみんな女の子は白のウェア着てたようですよね。みんな原田知世!
単純に楽しめる作品ですね。
Posted by イエローストーン at 2007年03月09日 11:31
イエローストーンさん、コメントありがとうございます。若き日の暴れん坊?だった頃の逸話ですね??

この路線はよかったです。^^
Posted by 映画のせかいマスター at 2007年03月10日 07:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック