2005年05月13日

薔薇の名前 #330

1986年 フランス/イタリア/西ドイツ 132分

中世の修道院で起こった連続殺人事件を追う秀逸なミステリー映画。ネットで見たのだが、京極夏彦の「鉄鼠の檻」に似てる。(が似てる、が正しいか)見立て殺人、犯人の動機、宗教の世界、図書館と書蔵。

ホームズとワトソンばりに捜査するのはショーンコネリーと少年。コネリーが渋いのはもちろんのこと、少年の足の引っ張りっぷりも面白い。しっかりした脚本と中世の修道院を雰囲気抜群に再現した映像で、緊張感と共に過ぎていく。原作はウンベルト・エーコ。推理好きならお勧めです。

posted by 映画のせかいマスター at 05:06| Comment(0) | TrackBack(2) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

薔薇の名前(映画)
Excerpt: いやあ〜ほんとずいぶんと前に見た覚えがあり、その時も傑作だと思いましたが、改めて今見ると素晴らしい出来だなあ〜と感動します。(DVDはおまけの解説が秀逸!エーコ本人のインタビューも良かったが、製作の苦..
Weblog: 叡智の禁書図書館
Tracked: 2005-05-13 20:26

映画
Excerpt: 映画映画(えいが)は、フィルムで撮影した動画作品の事。日本ではかつて活動写真と呼ばれた。英語では''movie''(ムービー), ''motion picture''(モーション・ピクチャー) 、''..
Weblog: 映画の缶詰
Tracked: 2005-05-13 21:35