2013年06月20日

夏の庭 #1854

1994年 日本 114分

相米慎二監督。死に興味を持った3人のわんぱく小学生が、独居老人の死を観察しようと庭から覗きこむ。最初は反発しあう老人と子ども達だったが次第に打ち解けあい、庭の掃除や家のリフォームを手伝うようになる。老人の口から語られる戦争の話を聞いたり、別れた妻が担任の先生の祖母だったり、老人とともに過ごす夏が過ぎていく。そして死は突然にやってくる・・・。

三國連太郎が老人の役。役になりきってクソジジイっぽさを出してる。すげーな。担任の先生は戸田菜穂この人全然変わらない。芸能界でのポジションも変わらないような・・!?
独居老人や孤独死の問題は社会問題化してて、この頃どうだったか覚えてないけど、早く目をつけたのは間違いない。湯本香樹実の小説で舞台化もされているけれど、映画としては地味というか子役もこの作品限りとかだし、話題性にはかけたんじゃなかろうか??それでも作品に仕上げる映画人たちがこの頃はいたってことかな。今だったら採算合わなさそうで企画で没になりそうだ。
posted by 映画のせかいマスター at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック