2007年03月24日

ドラえもん のび太の宇宙開拓史 #801

1981年 日本 94分 映画ドラえもん

映画ドラえもんシリーズ第2作。最近のドラえもん映画はドラえもんの道具をうまく利用してちゃんと整合性のとれた作りになっているのだが、この頃のはいきなりのび太の部屋が宇宙船と繋がってしまう唐突さ。よく見ると絵もヘタウマ漫画っぽいし、最近のと比べたら、いかにドラえもん映画が進化し続けているかを再認識してしまった。

でも逆に考えればドラえもんの道具ではなく、宇宙船と自分の部屋の畳が繋がったら・・という想像力や、その星では重力が地球と違ってて、誰もがヒーローになれる、といった率直な発想もまた良かったのかな。のび太も道具ではなく自らの力でスーパーマンみたいに活躍。前半では意地悪だったジャイアンやスネオも最後には友情パワーで悪役と戦う。

あとで調べてわかったんだけど、この映画の原作の大長編漫画、コロコロコミックで1980年9月号から1981年2月号まで連載されてたそうで。私、1980年9月号、買いました!親戚ん家に遊びに行った際買ってもらって読んだ記憶があります。ただそのときはかなり壮大な話だと思ってた記憶があります。すげー、今度は宇宙かよ〜って。けど、今見たら普通でした。当たり前か。でも懐かしい!子どもにはとってもいい話だと思います。や、大人にも(笑)
posted by 映画のせかいマスター at 07:44| Comment(2) | TrackBack(1) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
誰もがヒーローになれるといった発想が面白いですよね。
とても懐かしめました(^^
Posted by かんすけ at 2007年03月24日 12:27
かんすけさんご訪問ありがとうございました。全作制覇を目指してアップしていきますねー。よろしくお願いします。
Posted by 映画のせかいマスター at 2007年03月24日 13:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

新・魔界大冒険〜7人の勇者達〜
Excerpt: 左↑【新品・PS】ドラえもん3〜魔界のダンジョン〜<復刻版><メール便指定で送料無料>右↑旧作「大長編ドラえもん のび太の魔界大冒険」大長編ドラえもん全作品そうそう。公開初日の午後に魔界大冒険を見に行..
Weblog: ドラえもん好きの未来デパート
Tracked: 2007-04-04 22:07