2007年03月27日

トラ・トラ・トラ! #805

1970年 日本アメリカ 146分

2006年は硫黄島を舞台にした日米の相互の視線から2本の映画が作製されたが、30年以上前に日米合作で映画史に残る名作がすでに作られていた。見ているとまるで日本映画のような日本の名優たちが勢ぞろい。日本サイド7:アメリカ3という感じ。当時公平な立場で映画に出来たのは今でも評価されているが、映画だから可能だったのだろうか。政治的にはどうだったのかな。真珠湾攻撃のシーンは大迫力で、SFXを使わなくても最近の映画に負けないリアルさ。戦地以外でも外交交渉の緊迫もきちんと描かれている。

三船船長がロサンゼルスを目指すスピルバーグ監督の「1941」もこれを見た後で見たら、パロディでもっと楽しめたのかなあ、と思うし、最近の「パールハーバー」と見比べても面白そう。

日本側の監督は当初黒澤明監督だったらしいが、あまりに細部に凝るので、完成までの道のりを心配した配給側が断ったらしいと言う噂。
posted by 映画のせかいマスター at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック