2013年09月30日

やればやれるぜ全員集合!#1900

1968年 日本 88分

賽銭泥棒でなけなしのカネを奪うドリフの5人は、それぞれ大志を抱いて街に出る。1年後再会した時、いかりやと加藤を除いてはみんな成功していると話すが、それは単なる見栄で、みんな貧しい生活を送っていた。そんな中、港湾労働者として働くいかりやと加藤は、食堂の移動販売員の松尾嘉代に恋をする。それぞれ自分のことが好きと勘違いするが、本当の恋人は平尾昌晃。

いかりやたちが住んでるボロアパートが風情がある。嫌味を言う隣(管理人?)のおばちゃんに文句をつけながら、自炊生活をおくる姿が、かつての暮らしを思い出す。

最後は松尾嘉代が借金の肩代わりに社長と結婚させられそうになるところを助けようとした5人が、ドジを重ねた結果、実は社長は麻薬王で、捕まえた5人はヒーローっていうオチ!

バンドだったドリフのビバノンロックの演奏(海辺でこれがいいんだまた)も見れるし、ストーリーもそうだけど、当時の空気をたくさん感じられて面白かった!
posted by 映画のせかいマスター at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | や行映画(9)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック