2013年10月09日

虹をつかむ男 #1909

1996年 日本 120分 山田洋次監督 /脚本

男はつらいよ終了後、次のシリーズに期待が高まった作品だったが、終わってすぐでは敷居が高かったのか、残念ながら2作で終わってしまった。よっぽどつまらないのかと思ったら、何をいわんや面白い。

葛飾柴又で父前田吟と母倍賞美津子の息子吉岡秀隆は父と喧嘩してバイトしながら旅に出る。田舎の小さな町の映画館に足を運ぶとそこの店主となんだかんだで付き合いができ、しばらくそこで働くことに。

映画LOVEがたくさん詰まった映画です。作中、西田敏行がさも面白そうにストーリーを紹介したり、スクリーンに流れる映画があるんでチェックしておきます。中でもニュー・シネマ・パラダイスはまさに同じような設定の映画館で、モデルになったと思う。
警察日記(森繁久彌主演)
ニュー・シネマ・パラダイス
鞍馬天狗
若者たち(車の中で運転手の田中邦衛のモノマネを西田敏行がする)
野菊の如き君なりき(木下恵介監督)
ラスト・タンゴ・イン・パリ
81/2
かくも長き不在(上映されたけど不評だったw)
雨に歌えば
禁じられた遊び
東京物語

そして最後に、映画館で西田敏行と吉岡秀隆が二人で観る「男はつらいよ」!渥美清に捧げるという文字が映し出されたあと、CGでバス停から出てくる寅さんの姿が!

このままシリーズ化して欲しかったなー!2作目も見たい


posted by 映画のせかいマスター at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック