2013年10月09日

死んだ馬・殺意の接点(松本清張ドラマ2002)#1910

2002年 松本清張没後10年特別企画 松本清張TVドラマ
最初に殺人が起きて犯人もわかってるんで、どうやって暴かれるかというテーマで進む。事故死として何事もなかったかのように、社長の後釜に座り、若い男との逢瀬を楽しむ未亡人(かたせ梨乃)。事故に疑問を持つ刑事と、本当に事故死だったのかという投書、事件は蒸し返されそうでされない。

そこに第2の殺人が。顧問会計士(蟹江敬三)をたぶらかし、脱税をしていたことを咎められ、無理やり寝る未亡人だが、その後会計士に言い寄られる。そこにきての未亡人が殺される。一番に疑われるのは会計士だった。

一方才能のある若い男(萩原聖人)は、独立を考えている。アルバイト(酒井美紀)の女ともいい感じになるが、最初の事件のことがあり、なかなか未亡人から逃れられないでいる。あなたは死んだ馬と呼ばれ・・。

かたせ梨乃さん、当時45歳ですか。かなりキレイ!熟女ブームの前に先んじてましたねえ。最後の事件発覚は、当たり前というか、完全犯罪を狙うには詰めが甘かったようだけど、話としては面白かった。
posted by 映画のせかいマスター at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック