2013年10月23日

遠い日のゆくえ(ドラマW)#1924

2010年 wowow

「アントキノイノチ」を彷彿させる孤独死の遺品整理屋に見習いで入った青年の物語。たまたま開いてしまった故人の日記を見て、彼女の人生を確かめたくなった青年(永山絢斗)が、日記のキーワードをたどる旅に出る。そこまで彼女が気になったのは彼の生い立ちに原因があるようだ。そこで、故人には死んだことになっている娘(富田靖子)がいることを突き止め、彼女の元を訪れる。

遺品整理屋が、依頼人である家族や縁のある人に、故人のことをどうこう言うのはどうなんだという気もしなくもない。家族の気持ちもわからなくはない。忘れたいこと、思い出したくないこといろいろあるし、それにこだわっていては先に進めないような気持ちもあるだろう。ドラマの中で、深入りしすぎる青年に社長が、我々は残った家族のためにやっていると伝えるが、後日故人のためでも家族の為でもなく、自分のためにやっていると言い直す。

いろいろ思い浮かべても、もう死んでる人だ。死んだらモノになると、麻雀放浪記で役満を上がったあと死んだ死体を河川敷に捨ててたっけ。死んでる人と生きてる人とどう違うんだと主人公は言う。偉そうなことを言うのはもう少し経験を積んでからだと社長に慰められる。

私は今、死とはあまり近くないところで生きている。なのであまり真剣には考えないでいいことになっている。でも避けては通れない問題でもある。なんか不思議な気分だが、作品は良かったです。

ブレイク前の剛力彩芽がちょい役で登場
posted by 映画のせかいマスター at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック