2013年11月11日

内海の輪(松本清張ドラマ2001)#1934

2001年 日本テレビ(火曜サスペンス)

遺跡発掘現場の近くで女性の遺骨が見つかる。今回は考古学の教授がその女性が誰か知っているとつぶやくことから始まるので、なぜ殺したか、がテーマとなり、過去に遡っていく。

清張得意の考古学ネタで、不倫や教授争いを絡めている。中村雅俊がかつて兄の妻であった十朱幸代(なんとこの時50代後半!)と一度だけ関係を持ち、数年後たまたま再会する。そこからドロドロの不倫が始まるが、丁度その時教授になれるかどうかの瀬戸際だった。教授の地位を手に入れるために起こした殺人、また殺害現場にメガネを落としてしまい、探してるうちに世紀の発見をしてしまい、それを隠していれば殺人もばれなかったのに。。というオチ。冷たくあしらったタクシー運転手に覚えられてたのも不覚。
posted by 映画のせかいマスター at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック