2013年11月21日

「わたし」の人生(みち) 我が命のタンゴ #1945

2012年 日本 105分

老年医療の現場に長年携わってきた精神科医・和田秀樹が監督を手がけた介護、認知症をテーマにした映画。私の近くの町、北九州が舞台なんで知ってる場所もたくさん出てきて楽しかった。

IQも高く、しっかりしている時と呆けているときのギャップが有り、自らの意思もちゃんとあるケース。でもそれがさらに問題をややこしくしていたりして、なかなか大変だ。小倉久寛扮するお医者さんがさらりと大事なことを言ってるんだけど、もう昔の日本的な家族と一緒に死ぬまで暮らすという美学は考え直す時期なのかもしれない。

最後にタンゴを踊るときの、橋爪功さんのしっかりした表情に泣けてきました。

キャスト的には秋吉久美子さんはいつまでもカワイイ。さらに上を行く松原智恵子さん。もっと若い人がメイクで老人の役してるのかと思ったら、すごいねこの人。あと、友人の奥さん役の児島美ゆきさんもタンゴの時の笑顔が良かった!
posted by 映画のせかいマスター at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | わ行映画(4)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック