2013年11月27日

4TEEN(ドラマW)#1952

2004年 wowow ドラマW

石田衣良の名作。マンガ化もされたし、これで一流作家になったような作品だった(と思う)。いくつかのエピソードをつなげてて、14歳のいろんな問題を炙りだしている。世間とのつながりが少しずつ出てきていて、社会の一員と呼ばれ始める時期だけども、やはり問題の多くは家族や友達、学校とかである。

私は個人的にはこの頃のことは忘れてしまった。これ見て思い出すこともあまりない。でも青春小説の金字塔として語り継がれるんじゃないかなとは思っている。
posted by 映画のせかいマスター at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック