2013年12月04日

その夜の侍 #1956

2012年 日本 119分

妻をひき逃げで殺された夫が、犯人の出所後、復讐のため本人に殺害予告を毎日送りつけ、ついにその日がやってくる。

どうしようもないワルの山田孝之と、正体不明の主人公・堺雅人の2人の際立つ存在感が魅力だが、その他脇を固める人たちがいちいちスゴイ。ワルのパートナー綾野剛、妻の兄弟の新井浩文、田口トモロヲ、谷村美月、安藤サクラ、でんでんまで、ちょい役だったりもするけど、なんかいいんだよね。

特に新井浩文さん、あのすねたような顔つき、なかなか貴重なプレーヤーですねえ。

なんか深そうな映画だったけど、全部は理解できなかった。勢いで見る作品かなw
posted by 映画のせかいマスター at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック