2013年12月08日

釣りバカ日誌20ファイナル #1962

2009年 日本 109分

今年亡くなった三国連太郎が四年前に出演したシリーズ最終作。去年まで出演作があるので、元気は元気なんだろうけど、映画の中でも三途の川を渡るシーンがあったりして、最期を予感させる部分も。隠し子騒動もあってもしやと思うが、しっかり否定して周囲を安心させる。
もしそうだったら孫にあたる?吹石一恵と塚本高史のロマンスを影から応援します。スーさんは北海道で幻の魚スズキを釣る。

なんだかノーテンキな作品。こんなんが20作も作られるんだから平和だなあ笑。ブランドとでも言いますか、世界観が認められた結果ですね。原作漫画の作者が監督した新作「あさひるばん」はヒットするかな?
posted by 映画のせかいマスター at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック