2013年12月13日

イヴの贈り物(ドラマW)#1972

2007年 wowow ドラマW

白川道の小説はいくつか読んだが、ハードボイルドコテコテってわけではないし、意外と読みやすいし、独特の世界観があると感じていた。映像になったら、原作の雰囲気を十分出していたんだけども、キャラ設定がなんかベタだ。死んだ実娘と同じ年くらいの娘と知り合って、イヴにプレゼントを贈り合って、温泉に行ったりして。初めてですとか言われてじゃあ大事にしなくっちゃだって。うーん、舘ひろしだから絵になるけど、俺だったら速攻酔いつぶれてるね。

しかもその娘には死んだ親父の借金が。ヤクザに追われて母親も亡くし・・。絵に描いたような不幸で・・。小説読んでる時は気づかなかったけど、映像になるとそんなことあるの?って突っ込んじゃう。

ま、でも宇崎竜童とか石倉三郎とか、渋い人たちの登場もあって、結構ハマって見ちゃった。原作は新潮文庫「星が降る」です。
posted by 映画のせかいマスター at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック