2013年12月13日

北の零年 #1974

2005年 日本 169分

北の螢 #1874と同じような北海道の開拓ネタ。こっちは廃藩置県が行われる直前に藩の命令で北海道に渡った武士たちが、北の土地でも育つ稲の開発に奔走しているさなかに、新たな政府に変わり、自分たちの国として生きていこうとする話。

主人公は吉永小百合で、旦那が新たな稲のために札幌に出て行ったが帰ってこない。裏切りと揶揄されながら夫を信じて待つ妻の役である。途中、雪道でピンチになるのだが、そこを助けに夫の渡辺謙が通りかかるものとばかり思っていたら、それも違ってて、結局新政府の役人として戻ってくる。

西郷隆盛が九州で乱を起こしたので、馬を貸せと言われるが、みんなで阻止する。っていう時代。

吉永小百合のでてくる映画では、彼女の歳は気にしたらいけませんね。
posted by 映画のせかいマスター at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック