2013年12月24日

Dollsドールズ#1991

2002年 日本 113分 北野武監督

近松門左衛門の人形をモチーフにした恋愛?映画。恋愛と言っても偏屈した感じで、これを純愛と呼ぶのか、評価は分かれるところだとおもう。3つのエピソードを繋ぐ役割にホーキング青山が出てくるが、障害にスポットを当ててる気もしなくもない。

日本の綺麗な四季をバックにただ歩き続ける西島秀俊と菅野美穂は、たけしが幼いころ見た「繋がり乞食」を再現したとかしないとか。ようやく記憶が戻り始めた時に・・・という、暴力は出てこない恋愛映画だけども、暴力的な映画と自らもインタビューで語っていたよう、他の2組も生への兆しが見えた時、死が訪れる。

深田恭子の歌ってた歌が本人の出してるCDだったとは!(笑)
posted by 映画のせかいマスター at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック